延楽延楽

ご予約
Reservations

01

ごあいさつ

延楽はお陰様で八十周年を迎えます。三世代に渡り、お客様をお迎えさせていただきました事を大変嬉しく存じます。一期一会の喜び、時を超えて再びお迎えできる事の喜び、これからも皆様の憩いの場所となりますよう伝統のおもてなしを代々受け継ぎ、さらに進化して、お待ち申し上げております。
雄大な黒部峡谷に抱かれ、どうぞごゆっくりお過ごしください。

リニューアルオープン

お料理 cuisine

大切なご旅行に
相応しいお料理を

先代から代々伝わり継承された味と技の数々と調理長の感性が合わさり一段と磨き上げた豊かなお料理です。
ゆったりとお部屋で召し上がっていただくのも日本のお宿ならでは。

お料理を詳しくみる

お風呂 spa

四季折々の雄大な黒部峡谷と
上質な湯に包まれる

宇奈月温泉の湯の透明度は日本有数と言われています。
延楽の露天風呂「華の湯」は香気と光沢ある樹齢四百年の檜風呂がございます。宮大工である匠の衆の手で造られました。

お風呂を詳しくみる

お部屋 room

老舗旅館の
風韻な客室でくつろぐ

全室、峡谷に面しております。
快適に過ごしてただけるよう、こだわりの寝具や季節に合わせて調度品など模様替えをいたしております。

お部屋を詳しくみる

おすすめのプラン

匠
-1番人気-
技が冴える創意工夫の晩餐
「匠膳」

季節感と創意工夫を大切に和食職人の匠の技を追求した人気のプラン。
(お部屋食または個室食事処)

雅
-ハイグレード-
北陸の贅の極を味わい尽くす
「雅膳」

毎日の仕入れの最高の食材で当日お献立を立てさせていただきます。
(お部屋食または個室食事処)

のど黒
-日本海を代表する高級魚-
料理長こだわりの
「のど黒会席」

富山湾でとれた「のど黒」はしゃぶしゃぶをはじめ様々な調理法でお愉しみいただけます。
(お部屋食または個室食事処)

活蟹
-先行発売-
真の蟹の旨み
「活蟹会席」

本物の蟹料理を求めるあなたへ。日本海で獲れる最高級品質のズワイガニ「本津合蟹」。
(お部屋食または個室食事処)

特集・イベント

  • コロナ対策
  • ゆったり自分時間
  • 2021年 夏の料理
  • 冬の特別料理
  • のど黒会席
  • 秋の鍋
  • おせち
  • 周辺観光
01

季節のお便り

館主の二十四節気と七十二候

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

<「秋草の図」塩崎逸陵>

10月18日から七十二侯は、「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」で二十四節気「寒露」の末侯となります。夜は肌寒くなり、朝夕の露が冷たく感じられるようになります。「秋の日はつるべ落とし」という言葉の如く、太陽があっという間に沈んで日が短くなると、蟋蟀(きりぎりす)が戸口で鳴くようになります。昔はコオロギのことをキリギリスと呼んでいました。

一雨ごとに秋の深まりが感じられ、黒部の山々の稜線は紅に染まりつつあります。17日の富山県内は上空に寒気が流れ込み、北アルプス立山・室堂では今季初の雪が降りました。昨年も同じ日に立山連峰が雪化粧しました。宇奈月では黒部の流れる水が清くなり、サケの遡上が始まります。サクラマスは皐月の頃に遡上して、今は深い淵に潜んでいます。外気温が下がると支流へ移動して産卵の頃合いを窺っています。

寒露に入ると部屋の室礼も変えていきます。今日は十三夜。十三夜の頃には天候が安定するので、「十三夜に曇りなし」という言葉通り愛でることができます。お軸の中に塩﨑逸陵画伯が描いた「秋草の図」があります。秋草に月と秋の虫が描かれています。その作品からも月を愛でることができます。塩﨑逸陵は、富山県高岡市出身の日本画家で東京美術学校(東京藝術大学)に学びます。川端玉章、寺崎広業に師事し、気品あふれる花鳥画や人物画を描きました。芸術家の足跡が延楽に残されています。まさに旅館ならではの文化です。

とやま安心の宿
2019年度 人気温泉旅館ホテル250選 五つ星の宿2019年度 人気温泉旅館ホテル250選 五つ星の宿 ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版快適度4[最上級の快適]ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版快適度4[最上級の快適]
空室検索
延楽

お電話でのお問い合わせ
8:00〜21:00

0765-62-1211